名前にも権利が

商標という言葉をご存知でしょうか。
日本には、あまり馴染みがないかも知れませんが、海外ではアイデアや名前を考えたら、まずは商標登録をするのが当たり前です。
商標権というのは、その名前であったり、ロゴ、会社名などの名前の使用を独占できる権利のことです。

商標登録をしていないと、例えその商標を今まで使っていたとしても、違う団体に商標権があるので使えなくなってしまいます。
これは、サービスの名前、商品の名前、など色んなものの名前に関わる問題なので、大切です。
もし、業界内で支配的な人気を誇るサービスが確立していたら、その商標権は狙われる可能性が高いです。

勿論、日本国内でそれだけ醸成されたブランドを作るくらいですから、すでに商標権を持っている可能性があります。
しかしながら、海外に打って出る時に、その商標がすでに他国に使われている可能性もあります。
残念な話ですが、このようなケースは往々にしてあります。
日本の地名であったり、特産物の名前などが商標登録されていて、こっとが本物なのに商標が使えないというケースです。

国内の商標権の効力は、あくまで国内だけです。
したがって、海外ビジネスもするのなら、早めに商標登録をしておきましょう。商標登録をする際に、活用して欲しいのが特許事務所です。
特許事務所とは、弁理士が所属している事務所です。弁理士とは、特許申請に関わる書類申請を手伝ってくれる事務所です。
特許事務所を介した方が、とてもスムーズに書類が作成できるので、自社に弁理士がいない場合は特許事務所を活用しましょう。

おすすめサイト

知的財産の登録サポートをしてくれるサービスがここで揃っています。特許申請のことなら、国内で最大級の規模を誇る専門サービスに依頼をしよう。

Calendar
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031